値段交渉の武器!クレジットカード

クレジットカードの使い方はさまざま。社会人としてのステイタスとして持ち始めたキッカケから、早21年。いつの間にかゴールドカードを持つ40代です。お店のでクレジットカードが使えないと困ることの一つは、お店のの定員さんとの値段交渉時です。特に家電量販店にて、高額の買い物をするときは決まってクレジットカードを使用しています。もちろん手元に現金を準備してないこともありますが、店員さんとの会話を楽しめるようになりました。買い物の仕方は、あったらいいなではなく必要な家電を買いにいくわけですから、値段交渉は真剣勝負。最近もチラシ商品で税抜き8万5000円のパソコンを、税込7万5,000円で購入できました。万単位だと、税抜きか税込か電卓をたたいてみると、けっこうな額の差がでるんですよね。数字には弱い方ですが、値段交渉するときは「税込で〇〇」が口ぐせとなっています。そこで、威力を発揮するのがクレジットカードの存在です。店員さん側も、ノルマや商品の底値が頭によぎりながらの値段交渉でしょうが、こちらも何となくでも予算があります。「財布に現金が7万円しかなくて、このパソコンを税込7万円だと買っていきます」と思わず、ついていいであろうウソをついてしまいます。店員さんは「チラシ商品なのでムリですよ」と苦笑い。その時、間を設けながら「クレジットカードで良ければ税込7万5,000円だったら買いますよ」とプッシュです。値段交渉では間が大切なんですよね。買う気で来店している客かどうかは、どんな店員さんにも伝わるもんですから、クレジットカードがあることで買うことを言い切れるものです。クレジットカードは、高額商品を買うときに必要な武器でしょう。

お店にクレジットカード導入は欠かせない

クレジットカードはお店を経営する上で欠かせません。
売り上げにも関係してきます。
まだクレジットカード端末機を導入していないという経営者は無料でも導入できるので早く導入してくださいね。
クレジットカード端末機無料

この記事は寄稿です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です