30代でも就職出来る!就職支援エージェントまとめ!

就職したい30代の皆さん、ハロワの自己分析やセミナー等は利用されていますか?職業訓練が受けられたり、就職支援の為に職業相談をする事が出来ます。公的機関なので無料。しかしハロワで上手く転職出来るのはある程度求人数のある都心に偏りがち。そこで、30代就職支援エージェントをご紹介します。まず、「DYM就職」です。書類選考無しなんです。なので30代で、仕事に少しブランクが出来ちゃったという方でも大丈夫です。そして実際に利用して就職出来たという利用者が多いんです。公式HPから無料の職業マッチングサービスに申し込めます。しかし、こちらのエージェントが利用できるのは35歳まで。もし、その30代でも35歳オーバーなら「就職shop」。同じく書類審査無し+年齢制限はありません。エージェント以外なら、お住まいの最寄りの「わかハロ」「ジョブカフェ」を利用しての就職支援のご利用をおすすめします。どちらも公的機関。無料で利用出来ます。「わかハロ」って、ハローワークと変わらないじゃん!と思うかも知れませんが、45歳以下(地域によってバラつきあり。でも30代なら概ねOK)にコミットして担当者制で就職支援をしてくれます。グループワークも用意されているので、就活仲間が増えるかも知れません。そして「ジョブカフェ」。ハローワーク・わかハロは厚労省の提供するサービスなのですが、ジョブカフェ就職支援の運営は自治体(都道府県)。地域特化型の求人案件を拾いやすいし、職業体験やカウンセリングサービスを受ける事も出来ます。
しかし、それだけに30代では利用出来ない自治体もあります。これに関しては各都道府県に問い合わせてもらう必要があります。

30代フリーターの就職支援なら

ここまで色々紹介してきましたが、もし東京近郊にお住まいなら30代に最もおすすめな就職支援サービスは「就活エクスプレス」。30歳~44歳の方向けに専任コーディネーターが就職支援を手伝ってくれます。ちょっと都心から離れているという方、プログラミングのスキルを身に付けてみませんか?オンライン無料動画で勉強して、全く未経験でも分かりやすく復習もしやすいのは「ウェブカツ」です。htmlとCSS習得の為にプロゲート・ドットインストールを試しましたが、ウェブカツを先にやっとけば良かったと今更思っています。IT系でスキルを付けたら、就職にも有利。今、プログラマーは人不足でどこも大変。今現在、正社員ではないという事=「お勉強の時間がある程度保てる」のでは?他業種に就くとしても、どこかでWeb担を探しているかも知れません。ネット環境さえあれば、お家で独学でプログラマーが目指せます。色々書きましたが、ご自身に合ったものをどれか1つ試してみて下さいね。動かないと始まらないので。良き就職内定、お祈りしております。
30代フリーター就職支援

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です